第38回 自分の本当の目的を見つける自己分析について

就活本や大学の自己分析講義で行う「自己分析」とはちょっと違う

自分の本当の目的を見つけるための自己分析の方法をお教えします。

 

■ブレインダンプという方法

 

自分が何をしたいかという事について、とにかく

思いつくままに紙に書き出していくという作業があります。

 

これは専門用語でブレインダンプと呼ばれる方法です。

企画の仕事でアイデアを出す際にも用いられている手法で、

どんどんアイデアを思いつくままに出していく事によって

自分の頭の中で考えている事を空っぽにしていくという作業です。

 

やり方はシンプルで、何をしたいのか、理想の仕事のスタイルは、

将来どうなりたいか、といったテーマに対して、考える事で

浮かんできたものを紙に書き出していきます。

 

この時のコツとしては、とにかく思いつくままに

書いていくという事です。

 

とにかく浮かんだ想いは全て書いていく事で、

あなたの深層心理に眠っている考えも浮かばせる事ができます。

 

また、なるべくペンを止めないようにして書くという事も大切です。

ペンを止めると考えも止まってしまいます。

そのため、なるべく途切れないように次々に書いていきます。

 

とにかく書けるだけ書くと良いですが目標としては100項目です。

最初は難しいと考えがちですが、意外と書ける量なのです。

制限時間を20分と決めて、やってみてください。

 

こうして書き出した事を眺めていると、あなたの頭の中が

すっきりとしている事に気付くと思います。

 

考えが色々と頭の中にあると、人は混乱しやすいのです。

紙に書き出すと記憶しておく必要がなくなるので、

頭がすっきりするのです。

 

書き出した事を眺めていると、

あなたの中でピンと来るものがあったり、

これが本当はやりたかったんだというものが

見えてくると思います。

 

いわゆる自己分析シートも有効なのですが、より自由に考えを浮かばせる事が

できるので、個人差がありますが多くの方に効果的な方法です。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

(記事: 城南就活塾  葦澤久美子)

 

 
 
Pocket