就活力向上特別セミナー

 

 

 

第39回 就活解禁前にすべき3つのこと

さぁ、迫ってきました!待ちに待った!?就活解禁。今年は、インターン元年ともいえるほどインターンラッシュ。少なからず、就活生全員が「悔しい思い」をしたのではないだろうか。

気持ちを切り替え、長いと半年以上続く就活を乗り切る準備を解禁前にやっておこう。

ウイニング就活塾の生徒にも伝えている、今すべき3つのことをお伝えします。

 

1. なにがなくとも「SPI」

面接や、グループディスカッションなど、「確実に受かった!」とは確信がもてないモノばかり。そんな中で、SPIは「できた!」という確信をくれる。

 

就活は「祈られる」=選考に落ちる経験をする。落ち込んだときに、「SPIは完璧」というのが心を安定させてくれる。

 

そして、なにより、SPIで高得点をとると、言わずもがな、選考は有利に。

 

まだ間に合います。SPI対策をお早めに。

 

 

2. 就活の主戦場をー志望企業

皆さんは、もう志望する企業を決めただろうか?

 

まず、解禁前には必ず、決めよう。

エクセル・ノートにリストをつくろう。

 

そして、次に自分に問いかけよう。

 

 

決めた企業が、大手=「就活生の誰もが知っている企業」で埋め尽くされてないか?

 

 

もし、埋め尽くされているとしたら、危ない。大手が並んでいるということは、「東大、早慶」の就活生と戦って勝たないといけない勝負ばかりをするという意味だ。

 

もちろん勝負はするのだが、それ以外の企業を受けておくと心が整う。

 

といっても、ベンチャーや中小企業ではなく、「就活生は知らないが、社会人はだいたい知っている企業」を探そう。

 

社会人に聞くもよし、両親に聞くもよし、就活サービスを使うもよし。

 

とにかく探そう。

 

3. 仲間。パーティーを組もう

就活は孤独な、つらい戦いになりがち。

 

だからこそ、一人では戦ってはだめ。

 

そう、ドラクエでいう「パーティー」を組んで、取り組むとよい。

 

3人か4人の仲間で「就活パーティー」をつくり、情報交換したり、励まし合いながらやるといい。

 

その中で「一人だけ、内定とれなかったら、悲惨…」とかいう人がいるが、それはパーティー組もうが、一人でやってようが、内定をとれてない辛さは一緒。

 

むしろ、パーティーのお陰で、内定をとって終わった仲間に助けてもらい、その仲間よりよい企業に入った例も多い。

 

そう、解禁前に「就活パーティー」を。

 

最後に、今日あげた「就活解禁前にすべき3つのこと」をすることで、変に焦らず、自分を見失わずに就活を行うことができる。

 

就活パーティーと、皆が内定をとり、

まさに「パーティー!!!!」をする姿を願っております。

 

 

ウイニング就活塾 代表 高松 智史

 

(記事: ウイニング就活塾 高松智史)

 

New_winnng-top

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく
Clip to Evernotemixiチェック
 

TOP

地域で探す

特徴で探す