第41回 就活解禁1か月に「ハマる」3つの罠

就活解禁から、早1か月!!皆さんの就職活動はいかがですか?
「説明会」「エントリーシート」「テストセンター」などに追われ、
忙しくされているはず。
この大切な時期に多くの学生がハマっている罠を「皆さん、気を付けて!」という
願いを込めて、3つお教え致します。

 

1.「現実バイバイ」の罠

就活解禁から1か月が経ち、少なからず「落ちた!」経験をしているはずだ。
その時に、誰もがハマってしまう罠がこれだ。
落ちた現実に目を背けて、現実を見つめようとしない。

という罠だ。勿論、落ちる!と誰でも悲しいし、現実逃避したくなる。
しかし、そこは考え方を変えないと、そのままズルズルと就活失敗の道に。

 ・私の学歴だと、このくらいの企業は、エントリーシートが20%も通らないのか
 ・テストセンターのあのくらいの出来だと、面接に行けないのか
 ・同じ学歴である友達が通ったのに、私だけが通らないってことは・・・

という風に、自分の「就活力」を見極める、良い機会だ!と無理やり思おう。
見極めることで受ける企業を変えたり、エントリーシートの書き方を変えたりと、
いくらでも自分の「就活力」を高めることはできるのだから

 

2.「SPI後回し」の罠

エントリーシートを書くことにやっきになっている今日この頃の皆さん!
ちゃんと分かっていますか?

そのあとに「テストセンター」受けてください

と来ることを。いくら、エントリーシートをがんばったところで、
テストセンターが出来なければ、、、全く意味がないことを!!!!

先日も相談に来た就活生がまさに、こんなことをおっしゃっていました。

「時間をかけて、L社のエントリーシートを書いて、送信した瞬間、
すぐさま「テストセンターを受けてください!」と言われ、受けたら、
出来ずに・・・・結果、面接にも進めず、落ちた。
あのエントリーシートを頑張った意味って・・」

と。皆さんも、こうならないようにSPI対策をそろそろしましょう。

 

3.「就活一人旅」の罠

皆さん、就活の「一喜一憂」をさらけだせる就活パーティー(仲間)を
ちゃんと持っていますか?

落ちたときに「味の素のインターン落ちたんだけど・・・・悲しい」
と言い合える仲間はいますか?

いないという人は、至急、友達に「一緒に就活をやろう!宣言」を、
勇気を持ってしよう。
じゃないと、本当に辛いですよ。

まだまだ、就活は続きます。今ハマっていたとしてもリカバリーは可能です。
夏が過ぎ去った頃、存分に残された学生生活を遊びまくれるよう、
頑張っていきましょう!

 

(記事: ウイニング就活塾 高松智史)

 

New_winnng-top

 

 
 
Pocket