shunavi2

 

第54回「就職活動のスジュールについて」

1.2015年卒まで

「就職活動の解禁日は学部3年・修士1年の12月1日、面接等の選考開始日は翌年4月1日以降」という流れでした。

 

2.2016年卒の場合

政府の要請を踏まえ「就職活動の解禁日は学部3年・修士1年の3月1日、面接等の選考開始日は翌年8月1日以降」という流れに変更しました。

就職活動を後ろ倒しすることで、学業に専念できる環境を醸成することが目的だったものの、就職解禁以降、面接や内々定出しをする企業が続出、長期間の就職活動を強いられたことで、逆に学業への悪影響が増大するとともに、その他、様々な弊害が続出したことで、結果、2017年卒のスケジュール見直しに至りました。

 

3.2017年卒の場合

2016年卒のスケジュールの弊害が大きかったことから「就職活動の解禁日は学部3年・修士1年の3月1日、面接等の選考開始日は翌年6月1日以降」に再度変更、現在進行形という状況です。
解禁して2カ月ですが、従前のスケジュールと比して最も短い期間での就職活動ゆえ、3月解禁前後から採用選考が始めている企業が続出、他に教育実習と選考時期と重なるなど様々な弊害が生じています。

 

4.2018年卒の見通し

現時点では全くの白紙状態、2017年卒のレビュー後、8-10月頃に見通しが公表されるものと思われます。すでに現行スケジュールでは様々な問題点が生じていることから、現学部3年生・修士1年は、3年連続でスケジュール変更の可能性を念頭に早めの準備をしておくことが望ましいです。

 

(記事: 就活ゼミ 川添)

 

 
 
Pocket