就活力向上特別セミナー

 

 

就職活動の現状

年々大卒の内定率は増加傾向で、現在学生優位の売り手市場と言われています。大企業は採用枠を広げ、中小企業も採用意欲旺盛となっています。

そうした中、若者の大企業志向は顕著で、人気がある企業には大量にエントリーシートが集まっています。人気企業には、1社で数万もの応募があるようです。すなわち、売り手市場であっても人気企業は相変わらず狭き門だということです。

他方、新卒の3年以内の離職率は30%もある状況が続いています。これには就職のミスマッチが起こっている可能性が考えられます。学生も企業も限られた期間での選考を余儀なくされるため、十分な検討時間がないことも理由の1つかと思われます。

そうした諸々の理由もあってか、インターンシップを導入する企業が極めて多くなっています。インターンシップという名目で、企業は3年生の夏頃から水面下で選考を行っています。就職協定をまともに信じて就活解禁を待っていては就活戦線に大きく出遅れてしまいます。

いかに早く情報を得て効率よく行動するか、そこが就職戦線で勝ち抜くポイントです。後で後悔しないよう周到な準備をして臨むことが大切です。

TOP

地域で探す

特徴で探す