採用企業のニーズと現状

いずれの企業でもポテンシャルを探りつつ「即戦力」と成りうる存在を探しています。インターネットニュースサイトのCarreraが独自に行なったアンケートでは、新卒採用の実績がある企業のうち、実に半数の採用企業で「徹底した質」を重視した採用基準がとられていました。

最近は「一括採用」でなく「厳選採用」の傾向があります。(日本経済新聞より)

従来は就職が決まった後、新入社員研修などでビジネスマナーや、他の社員とのコミュニケーション能力を鍛えることが一般的でした。しかしかつての日本経済と比べて、今後の衰退が目に見える今日、手厚い教育をして育てていくことを悠長に実施している余裕はありません。かつては一定レベル以上の大学に入れば就職には困らないという時代もありましたが、もはやそうした時代ではなくなって来ています。

 また、近年は多くの企業がグローバルな経営を展開しているため、求める人材もそれに合わせた外国人が顕著に見られます。日本人であっても外国語が堪能であれば十分に採用される可能性はありますが、外国人採用企業が増加しているのも事実です。

現在売り手市場と言われ、雇用は拡大しつつありますが、意中の企業に就職するには油断せずに情報収集と、自分の価値を高める努力を怠らないことが重要です。

Pocket