いざ就活を始めるとき、「就活って何から始めたらいいの!?」と不安に思う学生は多くいます。
もちろん、初めてのことですから、不安に思ったり心配になったりすることは決して悪いことではありません。
しかし、そんなときは難しく考えず、まずは持ち物をそろえるところから始めてみませんか?
今回は就活をしているときにあると役立つ、15のアイテムをご紹介します!

スポンサーリンク

まずはこれだけ!就活に欠かせない4つの身だしなみアイテム


就活でまずはじまるのが、合同説明会や企業説明会などのさまざまな社会人と合う場に出ていくことです。
「自分がこれから就活をする」という意志表示の意味でもそろえたいのが、スーツや靴などのビジネススタイル。
まずは4つの基本的なものをそろえてみましょう。

①リクルートスーツ

最初に購入しておきたいのが、リクルートスーツ一式。
できれば数着あると便利です。
落ち着いた色を選ぶのは男女共通していますが、女性はパンツスタイルとスカートスタイルのいずれかを選ぶことができます。
また、男性はシャツとネクタイ、ベルト、女性はブラウス、ストッキングも併せて必要になります。
スーツを購入した場所でまとめて購入すると、間違いがないのでおすすめ。
ネクタイの選び方は、当サイトでも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

②バッグ

就活中に持ち歩くものはビジネスバッグに入れて持ち歩きましょう。
企業のパンフレットや履歴書などを入れる必要がありますから、A4サイズのものが入る大きめのものが望ましいです。
色は黒などの落ち着いてスーツに合うものを用意しましょう。

③靴

スーツに合う靴もまた、就活の必需品です。
男性は革靴を、女性はパンプスを購入しておきましょう。
スーツを購入した場所で買えば、その場で就活らしいものをそろえることができます。
こちらも、男女ともに黒の落ち着いたものを選んでおくのがおすすめです。

④腕時計

時間通りに面接や説明会に向かったりと、就活にとって時間管理はとても大切。
自分で確認することはもちろん、グループワークで時間を計ることにも使います。
プライベートで使うようなデザイン性の高いものではなく、落ち着いたビジネスシーンに合う時計を一つは持っておきましょう。

スポンサーリンク


どんな企業にも必須!持っておくべき5つのアイテム


身なりを整えたら、次は就活に欠かせない5つのアイテムを用意しましょう。
これらはどんな企業を受けるにしても、必要になるまさに必需品アイテムといったところ。
早い段階で揃えておくと、心配がありません。

⑤印鑑

履歴書やエントリーシートに押したり、交通費をもらうときの証明として利用したりと、印鑑はさまざまなところで利用することがあります。
もちろん、内定が決まったときに契約書への判を押すときにも使いますから、事前に準備しておくことが大切になります。

⑥筆記用具

就活における説明会では、自分でメモすることはもちろんのこと、そのままエントリーシートを書かされたり、アンケートに記入したりすることもあります。
説明会以外でも、グループワークで必要になることや、面接途中でメモしたくなることも出てくるかもしれません。
筆記用具、特にボールペンとメモ帳は必ず持っているようにしましょう。
黒のボールペンとシャープペンシルは常備しておくことをお勧めします。
ボールペンは3色などのものを用意しておくと、メモをわかりやすくできたり、グループワークなどで役立つこともあるのでおすすめです

⑦履歴書

エントリーシートのみの提出の場合もありますが、通常企業に出す書類といえば、履歴書は必須。
履歴書はどこでも売られているので手に入りやすいですが、大学で専用の履歴書を購入できることも多いですから、売店や生協にて聞いてみるとよいでしょう。

⑧クリアファイル

説明会で資料をもらったり、履歴書やエントリーシートを提出するときに、折れないように持ち運んだりと、就活は何かと書類を持ち運ぶ機会が多いもの。
クリアファイルを持っておけば、資料をぐちゃぐちゃにせずに済みますし、スマートに持ち運べます。
また、書類を郵送する際にも、クリアファイルに入れてから封筒に入れて送ると書類の保護になるのでおすすめです

⑨スケジュール帳

就活は面接や説明会など、何かと予定が入ってきます。
頭の中だけで整理しておくのはとても大変なはず。
そこでポイントとなるのがスケジュール管理です。
スケジュール帳を用意し、自分の予定をひと目でわかるようにしておきましょう。
もちろん、ウェブ上やアプリで管理するのもOKです!
自分のやりやすいようにしてみてください。

スポンサーリンク


就活準備スタート!効率的に就活を進めるマストアイテム


就活を効率的に進めるためには、いくつかのアイテムを上手に活用していくことが欠かせません。
以下の3つはぜひ持っておきたいマストアイテム!
揃えておくことで、就活をより充実したものにすることができます。

⑩スマートフォン

就活中は、企業から合否の電話やメールがくることもしばしば。
携帯電話を持っておくことで、企業からの連絡をスムーズに受け取れます。
また、近年では就活サイトがアプリを提案していることもあり、スマホを活用することでスムーズな就活をすることが可能に。
面接直前に企業情報を見直したり、企業までの道のりを地図で見る、乗り換えをすぐ調べるなどの訪問に役立てたりと、スマホを1台持っておけば、何かと役に立ちます。
グループワークなどで調べものに使うこともあるので、持っておくのがよいでしょう。

⑪パソコン

「スマホがあればいらないんじゃないの?」という人もいるかもしれませんが、じつのところパソコンもとても重要。
たとえば企業から資料が送られてきたときに、スマホで見られないこともありますし、web上で履歴書やエントリーシートを出すときにも、パソコンでしか作れない場合やパソコンのほうが効率的なこともあります。
企業によっては、「企画書を作ってみて」というような、パソコンで作ることを前提とした課題を出されることもあるのです。
移動中はスマホが便利かもしれませんが、パソコンでしかできないことやパソコンでこそうまくやれることも多いので、持っておいたほうがよいでしょう。

⑫採用試験対策本

就活における採用試験はさまざまにあります。
エントリーシートや筆記テスト、適性検査、面接など、対策しなければならないことはたくさん。
しかしながら、「何からやっていいかよくわからない……」という人も多いはず。
そんなときに採用試験の対策本を持っていると、試験対策もしっかりとできるようになります。
当サイトでもおすすめの本を紹介していますから、ぜひ参考にしてみてください!

⇒  就活で絶対役立つ!目的別おすすめ書籍・対策本20選

これでばっちり!あると役立つ3つのアイテム


就活必需品を多くご紹介してきましたが、「まだ不安かも……」という人もいるかもしれませんね。
ここでは必須ではないけれども、持っておくと便利な3つのアイテムをご紹介します。

⑬ボイスレコーダー

面接練習をするときにとても便利なのがボイスレコーダー。
自分の声を録画してあとで聞き返せば、自分の欠点が見えてきます。
また、企業の説明会や自分の実際の面接を録音しておくのもおすすめ。
説明会で話されたことは、面接のネタや志望動機を考えるときにも役立ちますし、実際の面接内容もまた、あなたの今後の就活に十分役立てられるはず!

⑭マウスウォッシュなどのケア用品

面接などの対面形式での採用試験であれば、気になるのが清潔面ですよね。
持ち歩けるマウスウォッシュや汗ふきシートや制汗剤などを用意しておくと、いざというときでも安心できます。
ただし、香りの選び方には要注意。
面接官に不快感を与えないような、さわやかなものか無臭のものを選んでおきましょう。
ほかには、スーツのほこりを取るエチケットブラシなども用意しておくとよいでしょう。

⑮名刺

自分の名刺を用意しておくことで、いざというときでも名前を覚えてもらいやすくなることがあります。
名前と学校名、メールアドレスなどを記載しておきましょう。
クリエイティブ系の職種やweb系の企業を狙っている場合は、SNSのアカウントをのせておくと、アピールになるかもしれません。

まとめ:持ち物をきちんと揃えて、心地よい就活スタートを切ろう!

就活は誰もが初めてのことです。
だからこそ、「何から始めたらいいの!?」と悩んでしまうのは当たり前のこと。
そんな不安なスタートだからこそ、まずは持ち物をそろえることで、気持ちを落ち着けていってみてはいかがでしょうか。
就活らしいアイテムがそろっていくことで、あなたの心も自然と就活に向けて準備することができるはず!

スポンサーリンク