面接などの対面式の採用試験は、第一印象がとても大切です。
笑顔やはきはきとした声も重要ですが、真っ先に好印象を持ってもらうには、身だしなみを見直すことがかかせません。
それは服装はもちろんのこと、ぱっと目に入りやすいのが髪型ですよね。
あなたの髪型は、就活にふさわしい髪型になっていますか?
ここでは髪型のマナーや参考例をご紹介します。

スポンサーリンク

身だしなみを整えて就活を乗り切ろう!髪型に注目する理由とは

身だしなみは人の印象を大きく左右します。
あなたが採用担当者だったとしたら、しわしわのスーツやねぐせのついた髪型の学生よりも、全身ピシッと引き締まった学生を選ぶと思いませんか?
清潔で健康的な身だしなみこそが、内定への近道なのです!

なかでも特に注目したいのが、「髪型」のこと。
「スーツさえ決まっていればいい」「髪型なんてなんでもいいのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、じつはかかせないポイントの一つになっています。
理由は3つ、以下のようなことが挙げられます。

<ヘアースタイルは最初に目に映りやすい>

冒頭でも説明した通り、髪型は最初に見られるポイントといっても過言ではありません。
最初の印象がよいとその分、面接ないようにもよい印象を持ってもらえたり、マイナスイメージを少なくしたりすることができます。
寝癖やぼさぼさの髪を整えるだけでなく、全体的にすっきりとした印象に見せ、明るく清潔感のあるようにするのがポイント。

<髪型によって顔の表情や印象がまったく違うように感じられるから>

せっかくの明るい笑顔やはきはきとした物言いも、髪が顔にかかって表情が見えなかったり、髪型が気になって話が入ってこなかったりしたらもったいないですよね。
髪型を整えることは、あなたの声や表情をよりよく伝えることにつながります。

<髪を整えることで「できる人物」であることをアピールできるから>

世のビジネスパーソンたちは、日々社内の人はもちろんのこと、顧客や取引先の人々など、さまざまな人に会い、仕事をしています。
そのときによい印象を持ってもらうため、身だしなみには気を遣っている人が多いのです。
つまり、髪を整えられない人=ルーズで仕事ができない人と思われても仕方がありません。
髪をばしっと整え、「きっちりしているできる人物」であることをアピールしましょう!

このように、髪型を整えることには多くのメリットがあり、重要な身だしなみのポイントとなっています

男女別!就活中の基本髪型をチェック

就活における髪型は、あなたをよりよく見せることが重要になります。
たとえば以下のようなポイントが挙げられるでしょう。

・奇抜なスタイルにせず、ナチュラルな自分を見せる
・顔まわりをすっきりさせる
・清潔感を大切にする

では具体的にどんな髪型が求められているのでしょうか。
これらをキーワードに、男女別の髪型参考例を見ていきましょう。

<男性>
男性は基本的に、短くさっぱりとした髪型が好まれます
しかし、ワックスなどでつんつんに立てるなど、目立つような髪型はNG。
あくまで「ビジネスの場所であること」「スーツに合わせること」をテーマに考えましょう。

<こんな髪型がおすすめ!>
・黒髪で短め(ショート)
・清潔感のあるさっぱりとしたスタイル
・耳や眉毛が見えるようにする
・襟足やもみあげなどは長くしすぎない


参考画像
BIGLOBE Beautyより


女性は長くても短くても特に印象に変化はありませんが、長い場合は一つにまとめるなど、すっきりとした印象を持たせるようにしましょう。短い場合でも前髪やまわりの髪が顔を覆ってしまうようではNGです

<こんな髪型がおすすめ!>
・長い場合は髪を結ぶ(ポニーテール、ハーフアップなど)
・派手なアクセサリーや髪飾りはつけない
・顔に髪がかぶってこないように、耳と眉毛を出すのがベスト

参考画像 AOKIより

スポンサーリンク


基本の髪型がベストとは限らない!例外の業界とは?


基本的に上記の髪型が望ましいとされていますが、意外な例外があります。
たとえば以下のような業界では、自分らしい髪型を求められることも。

・広告
・出版
・アパレル、ファッション
・コンサルティング
・そのほか、クリエイティブ系の業種

すべてがこの限りではありませんが、たとえば上記のような業界の場合、服装もスーツではなく私服を指定されることもあります。
自分の志望業界、業種、企業をきちんと研究し、そのうえで自分に合った髪型を考えることが重要といえますね。

まとめ:就活生らしい髪型に整えて、企業によい印象を持ってもらおう!

就活における身だしなみというとスーツの着こなしに目がいきがちですが、髪型もまた、気をつけておきたいポイントの一つ。
髪型一つであなたの印象を良くも悪くもできるのですから、注意しておきたいところですね。
しかし逆にいえば、髪型を少し整えるだけで、内定にぐっと近づける可能性が高まるということ。
就活生としてふさわしい髪型をまとい、企業に好印象を持ってもらいましょう!

スポンサーリンク