第12回 OB/OG訪問の仕方

就活の本格化を目前に控えたこの時期、「OB/OG訪問」を通して業界・企業の情報収集を

考えておられる(又は、実行中の)ことと思います。そこで、今回は「OB/OG訪問」の

「開拓方法」と「事前準備」に焦点を当ててポイントを整理します。

 

 

1.主な開拓の方法

 

(ア)  大学キャリアセンターのOB/OG名簿の活用

ある程度の企業規模であるにも係わらず、仮に、OB/OGがいなかった場合は、

学歴フィルターがかかっている可能性がある。

(イ)  大学関係者(教授・先輩など)からのOB/OG紹介

(ウ)  家族、知人(バイト・友人)からの社会人紹介

(エ)  SNS(facebookやtwitter等)を活用してOB/OGを探し出しだす方法

検索機能を活用し、気になる企業の社会人にアクセスする方法で、ここ1年増加している

アプローチ方法。なお、facebookなどで呼び掛ける際は、実名を表示し、経歴など

自分のプロフィールをしっかり記載し、関心事など自分の人となりをSNS上掲載

しておくことが重要。

(オ)  企業の採用部門からのOB/OG紹介

OB/OG紹介を実施していない企業もある。

 

 

2.事前準備

 

(ア)  訪問企業の業界情報や企業情報の事前チェック

(イ)  自己紹介、自己PRなどの事前準備

(ウ)  質問内容のドキュメント化

A4判一枚に、せいぜい10問以内。なお、単に質問を列記するのではなく、

業界を取り巻く外部環境について・戦略について・企業風土についてなど、

テーマ毎に分類し、それぞれに2-3問質問を列記すると相手も見易い。

なお、OB/OGの入社年次や所属部署によっては、全ての質問に回答できる知識や

経験を有していない場合があることは理解しておくと良い。

(エ)  その他

訪問の足跡を残すツールとして名刺を準備しておくのも1アイデア。表面に

大学・学部・氏名・連絡先などを、裏面に所属サークル・専攻学科・バイト・

趣味特技・性格などを印刷。

 

(記事: 就活ゼミ 有川智浩)

 

 

 
 
Pocket