就活力向上特別セミナー

 

 

 

第2回 他人と差をつける就活の始め方

はじめまして。ベスト就活塾の川上と申します。
10月になりましたが、すでに就活を始めている方がほとんどだと思います。
しかし、中にはまだ就活を始めていない方もいるのではないでしょうか?
そこでまず、もう就活を始めている人が何をしているのかチェックしてみましょう。

夏のインターンに参加することで、就活を始めた方が多いと思います。
インターンに参加するにはESや面接を通過しなければなりません。
そのためには自己分析やES・面接対策をする必要があり、それと同時に

企業研究も進めています。

 

この時点で、インターンに参加した人としてない人ではだいぶ差がついているのでは

ないでしょうか。 インターン自体は就業体験プログラムではあるが、まずは

エントリーしようとする気持ちが必要です。

きっかけがインターンでなくても、とにかく早い段階で就活を意識して行動に移す

ことが大事です。
わかってはいるが、なかなか行動に移すことができないのが一番よくありません。
最初から完璧なものはできないので、まずは行動に移し、思考錯誤を繰り返しながら

徐々に形を作っていきましょう。

 

では、就活を始める際に基本となる自己分析について少しお話します。
自己分析はESや面接の自己PRに必要であり、企業選びや、就活をする目的にも

通じる非常に重要なことです。
いわば、自己分析こそが就活の核になるといって

よいでしょう。

 

自己分析を行う際に、自己分析チェックシートを活用したり、親や友人など身近な人に

自分のことを聞いてみるのもいいと思います。
中でもバイトをやっている方であれば、採用してくれた店長などに聞くと、

客観的な目線で自分のことを見てくれているので非常に役に立ちます。

 

(記事:ベスト就活塾 川上 英史)

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく
Clip to Evernotemixiチェック
 

TOP

地域で探す

特徴で探す