就活力向上特別セミナー

 

 

 

第6回 選考を受ける上で大切なこと

皆さん、こんにちは!内定塾の高嶌です。就職活動も本番が迫ってきましたね。準備は進んでいますか?今日は、選考で面接を受ける方もいらっしゃると思いますので、「面接を受ける上で大切なこと」を取り上げます。

 

まず、皆さんが面接を受ける際に、気を付けていることは何でしょうか?

 

・笑顔を忘れない

・自分のエピソードを正確に話す

・マナーを守る

・敬語を使う

 

などなど。

 

どれも、大切なことであり、基本的なことですね。では、これらを意識すれば、皆さんが伝えたいことを、人事の方に届けることが出来るのでしょうか?

 

上記で挙げたことは全てが面接において表面的なテクニックにすぎません。上記の点に意識が偏っていた人は、一度人事の方が面接において知りたいことを考え直してみましょう。

 

人事の方が知りたいのは、皆さんが学生生活で出した成果や、上辺だけの志望理由でしょうか。恐らく違います。就職活動の選考過程、特に面接で大切な事は、嘘偽りなく皆さん自身のことを「自己PR」「学生時代頑張ったこと」「長所・短所」など様々な質問で表現することです。

つまり、自分自身のパーソナリティを理解して、人事の方に知ってほしい自分を飾らずにアピールしていきましょう。

 

内定塾の集団面接・個人面接の練習でも、初めは多くの学生がエピソードを暗記して、正確に話そうとします。しかし、それでは一人ひとりのパーソナリティは伝わってきません。

さらに、表面的な部分のみで面接に挑むと、良い印象を与えられても、人としての魅力を伝えることは出来ません。

 

是非、これから面接を受ける皆さんは、等身大のまま、飾らずに面接に挑んでください。

 

(記事: 内定塾 高嶌悠人)

 

 

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをつぶやく
Clip to Evernotemixiチェック
 

TOP

地域で探す

特徴で探す