株式会社ベンチャーコントロール キャリつく

経営者視点の上質な個別指導、キャリつくに取材にいきました。

キャリつく本日は講師の八木さん、花田さんにお話を伺いたいと思います。宜しくお願いいたします。

Q:キャリつくさんの指導理念について教えてください。
A:[八木さん]
私たちはビジネスを土台にしたキャリア構築を大切にしています。
元々、ビジネススクール事業である「すごい起業塾」を開講していることもあり、学生のビジネス力の育成に力を入れています。ビジネスを知った上で「内定を目指すのではなく、自分の将来設計をしていく。」それが私たちの指導方針です。

Q:ビジネスを知るというのは具体的にどういうことでしょう?
A:[八木さん]
どの会社がどのようなビジネスを行い、売上、昨対比、競合との違いや戦略、強みや弱み、その業界での市場規模に対してのシェアなどを知るということです。そのような社会の常識やそれらの情報から時代の流れを読み取ることは、たとえ学生であっても必要な能力です。小手先のテクニックにばかり頼り、そのような情報を知らずに就職活動をしている人が多すぎると思います。

Q:キャリつくに通うメリットを教えてください。
A:[八木さん]
先ほどお話したようなビジネスの知識で他の学生との差別化が出来るということに加えて、企業人事だけでなく経営者の視点からフィードバックができます。弊社はビジネススクールやビジネスコンテストを行っているため、社員や講師は経営者としての知識を十分に持ち合わせています。実際に会社経営をしている社員もいます。
そして、大手企業からベンチャー企業の経営者まで繋がりも多数ありますので、採用媒体では得ることが難しい情報を得ることもできます。この事により、その学生自身のキャリアにとって最適な会社が見つかる可能性が高まります。

キャリつく[花田さん]
後は、内定獲得で終わりではないという所です。私達は半年や1年のお付き合いではなく、その後もビジネスパートナーとして付き合っていきたいと考えています。ですから、卒業生が弊社に営業に来ることもよくあります。プライベートで遊びに行ったり、飲みに行くこともよくあります。
そのようなビジネス・遊び・仲間など対等な関係を作り出している所は他に無いと思います。今後はこのコミュニティの輪をどんどん広げていけたらいいなと考えています。

[八木さん]
そうなんです、嬉しいことに卒業生がしょっちゅう営業に来るんです。ただ、その時は営業の仕方を徹底的に指導します(笑)。時にはこちらから仕事を依頼したり、頼まれたり、お客さんを紹介し合ったりもします。うちが一番のクライアントですと言う卒業生もいるくらいですよ。講師と生徒という関係ではなく、あくまでもビジネス仲間としてフランクに付き合っているので、卒業後もそういう関係をずっと続けられるんです。

Q:カリキュラムの特長などはありますか。

キャリつくA:[八木さん]
全体のカリキュラムはその人自身に合わせたオーダーメイドのカリキュラムを作成しています。
一人一人と向き合うことでその人の内側の声をどんどん引き出しながら過去の経験に基づいた強みや弱みを発見し、自分が本当に将来やりたいことは何なのかを明確にしていきます。何を聞かれたとしても、自分が本当にやりたいことなら面接官のどんな質問にも詰まらず答えられるので。
業界・企業研究するときはビジネスの視点で分析を行っていきます。その業界は市場規模がどのくらいあり、成長率はどうか、また業界のランキングや競合の戦略の違いは何かなど、徹底的に研究してもらいます。一人一人に合わせて業界・企業研究をしていきますし、学生のレベルでは調べきれない情報も個人に合わせて提供していきますので、より効率的により確実な情報が入ってきます。
私たちは徹底した自己分析と企業・業界研究で何を聞かれても答えられるレベルにまで必ず到達させます。なので、指導はかなり厳しいです!
また、業界によっても就職活動の時期などは微妙に違いますので、受講生に合わせたスケージュールや日程を組んでいます。

 

Pocket