株式会社はなび 超実践就活面接

実践にこだわる大人気企業向け就活塾、
超実践 就活面接に取材にいきました。

超実践就活面接本日は代表の近藤さんにお話をお伺いしたいとお思います。宜しくお願いいたします。

Q:指導理念について教えてください。

A:【近藤さん】
超実践就活面接では、実践を意識し、やりすぎの指導をしません。
他の就活塾のように何度でも講義を受けられるという安心感はなく、全3回で完結いたします。
就活塾に入っていれば大丈夫だろうという依存的な考え方ではなく、自立していく就職活動をしていただきたいと思っております。独自の方法で、学生には常に本番のように緊張感を持って臨んでいただきます。

 また、苦手分野の克服ではなく、得意分野を引き出し個性を輝かせるコーチングをすることで、人気企業からの内定を目指します。

 私自身コンサルタントとして大手人気企業のリクルート活動に10年以上携わって参りましたが、面接官は面接のテクニックを簡単に見破ることが出来ますし、学生は輝くものを持っているのにもかかわらず自分を大きく見せようとし、本音で話さない学生が多くいると実感しています。企業が求めているものをしっかり持っていても上手に表現できていない学生や、ES(エントリーシート)を必要以上に頑張りすぎて、面接でES以上の魅力を伝えることができない学生が非常に多いので、「もったいない!」と思います。 超実践就活面接

 

Q:『超実践 就活面接』を利用するメリットはどのようなものがありますか。

【人気企業への内定を目指す学生】だけを対象としたカリキュラムと、エグゼクティブになる人にふさわしい会場をご用意しております。人気企業では特に面接会場がゴージャスで、一般的な受付やエントランスと違い、ゲストとして招待されます。
多くの学生は、会場の雰囲気に圧倒されてしまったり、セキュリティが厳重な受付に手間取ってしまい、がちがちに緊張した状態で面接に挑んで失敗してしまいます。超実践就活面接

 超実践就活面接では、実際に大人気企業の面接会場を使用し、更に本番に近い面接練習を行いますので、通塾型の就活塾とは違って【慣れ】が無いので、まさに【本番】で役に立つ実践的練習ができます

更に毎回面接会場となるオフィスには違う会場を使い、より本番の面接に近い形で緊張感を持ってやってもらいます。

(1回目・2回目はどこのビルになるか分かりません。最終面接は六本木ヒルズで行います

 

Q:本日、六本木ヒルズの実際面接会場になる場所で取材させて頂いておりますが、確かに社会人である私たちでも入館から面接会場に行くまで、かなり大変だったというのが正直な感想です。
就活生が初めて訪れて、ここをすんなりと通るのは厳しいかもしれませんね。

超実践就活面接

A:【近藤さん】
そうなんです。一度でも練習をしている人と、そうではない人では、気持ちの余裕が全然違ってきます。
そして、少人数制(3名以下)を徹底し、一人一人に的確なアドバイスが出来るようにしています。また、アドバイスさせていただく身といたしましては、もちろん受講生全員に希望の企業に内定を貰って頂きたいので、受講生の人数をむやみに増やし、ライバルを作ることのないようにしています。

 

 

Pocket