就活力向上特別セミナー

 

 

2017年2月4日(土) 毎年多数の人気企業内定実績を誇る就活塾6社が集まり、18卒の就活生を対象に特別セミナーを開催しました。解禁1ヵ月前、いよいよ本格的に動き出す就活生に向けて熱いメッセージが届けられました。  

 
 
  場所は中央区立産業会館。この日は会場を2つに分けて開催しました。
 
 
 

またこの日は、就活塾講師によるグループディスカッションに関する講義と併せて、企業の人事の方も参加しての実践ワークを行いました。

 

就活のプロからノウハウを学び、実践もできるということで、就活生には貴重な機会になったのではと思います。

 

 

 

またグループディスカッションと別会場では、マンツーマンで就活塾講師によるキャリアカウンセリングも実施されました。これからの就職活動についてはもちろんのこと、仕事選びや人生についてどう考えるかについて、親身になってアドバイスされていました。

 

 

終了後のアンケートでは、今回のイベント「満足」と回答した人が94%!

 

「塾さんの話はすごく新鮮でかなりためになりました」
「とても勉強になり、有意義な時間になりました。すごく感謝しています」
「キャリアカウンセリングは就活の疑問点を解決することができ、貴重な機会でした」

 

 

就活塾は就活のスキルだけを教えているわけではありません。これからの「キャリア」をどう考えるかについて、学びと気付きを得られる場所です。

 

各社無料の説明会なども開催していますので、是非一度ホームページをご覧になってみてください。

 

《講 演 》

 

■講演1:解禁直前!今何をすべきか。スタートダッシュの秘策!

 


講師:我究館:藤本健司氏(株式会社ジャパンビジネスラボ)    

就活生は誰かと比較してしまいがちだが、誰にも間違いなく魅力がある―。それ(自分が持っている良さ・したいこと)を客観的に面接官にしっかり伝えることが重要。過去を遡ることがやりたいことを見つけるヒントになると藤本氏。

 

 就活ゼミ: 有川智浩氏(株式会社イドムパートナーズ)    

日本に企業は400万社あり業界は145業界ありそれをすべて理解するのは難しい。相手のキャッチャーミットを見てそこにあうボールを投げなければいけない。採用選考とは、他の人より自分のほうが役に立つと説得できればよい。説得する力=アウトプット力が必要と有川氏。

 

講演2:あの業界あの企業はこう攻めろ!! 内定必勝の具体策

 


講師: 城南就活塾:村田美耶乃氏(株式会社城南進学研究社)  

自己分析を通して過去の経験からコンピテンシーを知り、各企業に必要とされるコンピテンシーを持っていると証明する文章を作成していく。就活とは、自己分析と企業分析の繰り返しであると村田氏。

 

 キャリアアカデミー:柴田章矢氏(キャリアアカデミー株式会社)    

就活は企業も真剣。その子が入社した後に本当に活躍できるのかをしっかり見ている。就活になると格好つけるアピールをする学生が多くなるが、本当に合うのかどうかを企業も真剣に見極めている。就活は自分らしさを大切にしたアピールを大事にして欲しい柴田氏。

 

講演3:グループディスカッションはこうすると勝てる!百戦錬磨の必勝法

 

 
講師:ウィニング就活塾:高松智史氏(株式会社KANATA)  

3月までにやること、①SPIを完璧に、②解禁を前に受ける企業を決定する、③GD対策。 特にGD対策はすぐにできるようになるわけではなく、今すぐやるべし。GDができるようになると面接もできるようになり他の就活生と差がつくと高松氏。

 

 内定ラボ:岡島達矢氏(株式会社クリエイティブ・ラボ)    

グループディスカッションは年々増加傾向で8~9割の企業が取り入れている。思考力、コミュニケーション力、発言力、チームワーク、その人の雰囲気などを総合的に分かるので、キチンと対応できるようにならなくてはいけないと岡島氏。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

 

《参加塾・五十音順》

 

 

TOP

地域で探す

特徴で探す