第3回 就活本格スタートにあたり「今 大切なこと」

1 シンプルに考えてみる

まず ①やりたいこと ②できること、などの未来についてまずノートなどに
書いてみることです。「見える化」とよく言われますが、

自分の考えを見える化
して、そしてそれを見て、気づいたことなどを

スタートとしてみることです。

 

あまり難しく考えることはありません。実際の就職が当初の考えと変わることも
あります。ただシンプルにでも自分ゴール、つまり「どうなりたいか」を
明確にしてスタートするといろいろな意味で就活が展開するでしょう。

 

 

2 自己分析と情報収集は両足で歩くようなもの

人によりますが、自己分析はあまり時間をかけ過ぎるのもよくないこともあります。
自己分析は内面考察、そして業界研究も含めての情報収集は外面考察です、
これは「まず行動してみること」です。外面、内面の両方を見ながら今は進めて
いくことです。

 

1のように、シンプルな「どうなりたいか」を明確にしたら、
Web、本、イベント、インターンシップなど、情報収集に動いてみましょう。
両方を意識しながら進めることです。

 

 

3 おおよその方向性を決める

1・2と進めると、方向性が見えてくるはずです。
そこで再度、どんな会社に、どうアプローチしていくか、そのために自分が


う準備するか、などの「計画」をおおよそ決めるといいでしょう。

社会人では「PDCAサイクル」などといいますが、計画して行動して、
再度計画して行動していく、これをスムーズに進めていくだけです。

 

あとはそれを「楽しむ」ことができたらいいですね。
ベストな内定をする学生は就活を楽しんでいます。
どうせやるなら楽しむことです。

 

 

(記事: 就活1・2・3 奥定 佑晴)


 

 

 

 

 
 
Pocket