就活塾は意味ない?そう言われる理由と就活塾をおすすめする就活生の特徴

「就活塾は意味ない」と考える人も、就活生の中にはいるのではないでしょうか。

就活塾は、面接指導やES添削、就活に向けての知識をつける講座を受講できます。上手く使うことで、人気企業に内定する確率を上げることができるでしょう。

今回は、就活塾のどのような点が意味ないと言われるのか、また、就活塾がおすすめの人、逆におすすめできない人について紹介します。

自分に就活塾が合うのか、就活塾の知識を持った上で判断するための参考にしてみてください。

就活塾が意味ないと言われる理由

就活塾について調べていると、就活塾は「意味ない」といった意見を目にすることがあります。それは、主に以下の4つの理由からそのように言われていると考えられます。

その意見が就活塾に通ったことのある人の経験談としての助言なのか、根拠なく雰囲気で言っているだけなのか、見極める必要があります。

どのような理由で言っているのかというところまで考えて、自身にとって必要な情報を取捨選択するようにしましょう。

就活塾は費用が掛かる

就活塾は受講自体に費用が掛かるため、就活に必要以上に費用をかけたくない人にとっては無駄に感じる場合があります。

また、就活塾の費用は大体10万円〜20万円が相場となっており、就活する学生にとっては大きい額であるため、その金額に見合ったサービスが提供されるか不安に感じることもあるでしょう。

しかし、就活塾では内定獲得に向けてのさまざまなサービスが提供されており、そのサービスそのものに人件費などのコストが掛かるものも多いです。そのため、費用がある程度かかってしまうのは、避けられないといえるでしょう。また、就活塾自体も色々な種類があり、ひとつの就活塾内でもコースが複数設定されている場合がほとんどです。

自身に合った就活塾のサービスを選ぶことで、費用にも納得できるのではないでしょうか。

就活サロン(オンラインサロン)や就活課(キャリアセンター)などもある

就活塾以外にも、就活のために利用できる場所やサービスは存在します。代表的なものを挙げると、就活サロンや大学の就活課(キャリアセンター)があります。

就活サロンは就活塾より利用料金が手頃な場合が多いです。就活サロンとは、就活についての面接対策やエントリーシート(ES)添削といったサポートを会員制で受けられるサービスです。有料で月額制のサービスが多く、一般的な就活対策についてオンラインで学ぶことができます。また、就活課(キャリアセンター)であれば無料で活用できます。

しかし、就活サロンは主にオンラインサロンであり、就活知識の記事配信が中心となります。ES添削や参加者同士の情報交換のサービスを提供しているサロンもありますが、サロンによって活発度合いが違う点もデメリットとして挙げられるでしょう。

就活課(キャリアセンター)は、利用者が多いため予約が取りにくいこと、また大学にわざわざ行かなくてはならないコンテンツが多いことがデメリットとして挙げられます。

就活は慣れだと思っている

就活をスムーズに進めていくには、慣れが一番だと思っている人にとっては、就活塾は合わず、意味ないと感じてしまうのかもしれません。就活塾では、目当ての企業の内定を取るために、事前に情報を仕入れ、ESや面接の対策を行い、より確実性を増してから選考にチャレンジさせます。

いろいろな企業を実際に受けて、実地で面接やグループディスカッションの雰囲気などを知りたい人や、数多くのESを書いて自身にとっての最適解を出したいと考えている人にとっては、就活塾での講座受講やES添削は無駄に思える可能性があります。しかし、就活塾では内定率を上げるために、さまざまな対策を取ります。

その中で、面接やグループディスカッションの練習が含まれるコースもあり、選考の場面ではなく不採用になるリスクなしで練習して慣れることができるため、就活は慣れだと思っている人にも就活塾はおすすめできます。

結局は学歴が大事なのでは?

有名な人気企業に入るためには、結局学歴が最優先されるのではないかと考える人がいるのではないでしょうか。しかし、就職採用試験では学歴以上に重視される能力があります。

実際に厚生労働省の調査でも、企業が採用時に重視する能力の第1位は「コミュニケーション能力」であり、学力ではありませんでした。

学歴のみでは就活を勝ち抜くことができないことは確かであり、こちらの調査では、そのほかにも個々の能力や性質を重視した項目が挙げられています。実際に、一流といわれる大学の出身者であっても、就活において不採用になることはいくらでもあります。

学歴は就活生の基礎学力を測る上で目安となるものですが、学歴以外でのアピールポイントが多ければ有名企業への就活も夢ではありません。

就活に必要な能力とは?

就活において、学歴以外に魅力的なアピールポイントが多ければ、有名企業の内定を獲得できる可能性が高くなります。

アピールポイントとして必要となる能力は、厚生労働省の調査において、学力を除いた上位は「コミュニケーション能力」「責任感」「積極性・外向性」「資格取得」「行動力・実行力」「ビジネスマナー」などがあります。

「責任感」や「積極性・外向性」、「行動力・実行力」は性格的なもののように感じるかもしれませんが、社会人としての姿勢を学ぶことで、身につけることのできる能力でもあるといえるでしょう。

「資格取得」「ビジネスマナー」は、自身で身につけたいと思って修得するものです。学生期間で就職活動に対して、どのような対策をすることができたかという評価の側面もあるでしょう。

資格は、闇雲に取得するのではなく、目指す業界や職種を絞り、将来のビジョンを明確にすることで、アピールポイントとして活かすことができます。ビジネスマナーは、就活生用の講座を受講するなどして、学ぶ必要があります。

就活塾では、ビジネスマナーのプログラムを受講内容に含めているところが多いため対策可能です。先述のとおり、就活は学歴以外の能力も重要となります。そして、学歴以外の能力をアピールする機会はほとんどの場合において面接やESです。

就活塾を批判する人に知って欲しい情報

就活塾を批判する人は、詳しいサービス内容を知らず、誤解している場合が多いといえます。

気合や根性で就活を乗り切ろうとするスパルタ式の指導や、誇大広告で実際は薄いサービス内容、また、しつこい勧誘といったイメージを抱いている人もいることでしょう。

結果、「就活塾は意味ない」「就活塾はいらない」など、就活塾の存在自体を否定する意見がSNSやネットで見られます。

しかし、スパルタ式の指導やしつこい勧誘のイメージは、悪徳就活塾の極端な一例に過ぎません。一般的な就活塾は、内容の充実したサービスを提供し、親身になって就活生をサポートしてくれます。

就活塾は就活生に寄り添い、以下のようなサービスを提供してくれる場所です。

就活ノウハウのレクチャー

面接対策やES(エントリーシート)の添削などのテクニカル支援

個別での手厚いカウンセリング

プロのキャリアアドバイザーによるキャリア形成のサポート

就活生の不安解消、メンタルケア

内定獲得と就職後の活躍までを見据えて様々なサポートしてくれる場所が、通っても意味がないと言えるでしょうか

「就活塾不要論」を主張する人に知って欲しい、5つの情報について詳しく紹介します。

就活塾はお得なサービス

「就活塾に通っても意味がない」「就活塾はいらない」と考える人、または不安に思っている人に、まず知って欲しいことは、就活塾はお得なサービスであるということです。

コースによって異なりますが、一般的に就活塾の利用料金は18〜30万円ほどです。これは長期コースの場合で、短期コースは数回の受講で数万円ほどとなります。学生である就活生にとって、決して安くない金額です。

しかし、就活スタートから内定確保まで長期的に就活をカバーしてくれるコースでは、一般的にマンツーマンで就活をバックアップしてもらえます。

人生に大きな影響を与える就職活動を個別にサポートしてくれるということを考えれば、納得感もあるのではないでしょうか。

長期コースは回数無制限の面接対策やES(エントリーシート)の添削、カウンセリングなどを行ってくれます。また、万が一内定を獲得できなかった場合は、受講料を返金する「内定保証サービス」を用意しているところもあります。

短期コースや1dayレッスンでは、自分が克服したい弱点に特化した対策が可能です。「グループディスカッションだけ」「ES(エントリーシート)の添削だけ」など、苦手分野のスキルだけを効率的に向上させることができます。

最初の就職先で、その後の人生は大きく変わるものです。就活塾によっては、キャリアプランのアドバイスも受けられます。理想的な人生を歩める企業への内定獲得をサポートしてもらえることを考えれば、就活塾はお得で親切なサービスといえるでしょう。

 

就活塾では仲間ができる

就活塾のメリットの1つとして、同じ目標に向かって頑張る就活仲間ができることも挙げられます。

1人で就活を進めていると、どうしても不安や焦りで気持ちが折れそうになることがあります。

その点、苦しみや喜びを分かち合える仲間がいるのは心強いものです。また仲間同士で有益な情報をシェアし合うことや、刺激を与え合うことで、就活を有利に進めることができます。

人生を賭けて共に努力した仲間は、生涯の友となることもあるでしょう。かけがえのない仲間を作りたい人にとって、就活塾は最適な場所なのです。

就活塾は社会人に必要なコミュニケーションスキルも学ぶことができる

就活塾では、就活を有利に進めていくためのスキルや知識のみでなく、社会人に必要なコミュニケーションスキルを学ぶこともできます。

社会人としてのビジネスマナーはもちろん、仕事に対する心構えなど知識面以外のメンタリティに関する部分についても教えてもらえます。

社会人として就職後に活躍する上でも、コミュニケーションスキルは欠かせません。

その場限りのスキルではなく、今後の人生でも役立つスキルを学べるという点でも、就活塾は意味のあるサービス、場所だといえるでしょう。

就活塾はエントリーシートの添削サービスがある

就活塾の長期コースでは、一般的にES(エントリーシート)添削サービスが含まれています。また、短期コースであっても、ES添削サービスが含まれている場合が多いです。

ESは、就活において、まず最初に立ち塞がる壁だといえるでしょう。ESが通らない限り、面接に進むことはできません。しかし、ESの作成は1人ではとても難しく、通らなかった場合に修正するとしても、どこを直せばいいのかと悩む人が多いでしょう。

ES添削を受けられると、どのような点に気をつけて作成すればいいのかといった指導を受けられ、一貫性のある魅力的なESを作成することができるようになります。

また、ESは面接を今後進める上でも指針として使うことができ、面接対策にもなるといえます。

就活塾は面接やグループディスカッションの練習もできる

就活塾では、ES添削のほか、面接やグループディスカッションの練習が受けられる場合がほとんどです。

ESが通った後は、グループディスカッションやグループ面接、個別面接といった対面でのコミュニケーションで選考が進みます。面接では、通常の対人コミュニケーションとは異なったコミュニケーションスキルが必要となり、対策と練習が欠かせないといえるでしょう。

自身の魅力やアピールポイントを限られた時間内に最大限アピールするためには、事前準備が必要であり、よっぽど面接に自信のある人でなければぶっつけ本番は避けるべきです。

就活塾では、本番に近い状況で、不採用のリスクなく面接の練習をすることができます。効率よくスムーズに面接やグループディスカッションの対策と練習をするには、就活塾はうってつけだといえるでしょう。

就活塾がおすすめの人

就活塾について「意味ない」「いらない」などの言葉を聞いたり目にしたりして、入塾をためらっている人もいるかもしれません。

しかし、根拠のない曖昧な情報に惑わされることこそ、意味がないといえるのではないでしょうか。

就活塾が特におすすめの就活生について、特徴をまとめました。知識を得た上で、まだ悩んでいる人は参考にしてみてください。

自分に向いている仕事がわからない

自分にどんな仕事が向いているかわからない人は、 就活塾が大きな力になることでしょう。 

自己分析のサポート

企業の紹介や選び方のレクチャー

キャリア形成に関する相談

多くの就活塾では、こんな充実したサービスを提供しています。

就活生一人一人が本当に向いている仕事を一緒に考え、長期的な視野を持って企業を選べるようサポートしてくれるのです

企業選びの軸が定まっていない人にとって、就活塾は大変心強いアドバイザーとなることでしょう。

エントリーシートで落とされたことがある

ES選考で落とされた経験がある人にとって、就活塾はおすすめできます。

就活塾ではES選考対策となるES添削サービスを行なっているところがほとんどであり、多くの経験と知識をもとに、根拠のあるアドバイスとサポートを行なってもらえます。

不採用となった企業からは、どのような理由で落としたのかといった理由を聞くことはできません。そのため、何が悪かったのか、次にESを作成するときはどのような点に気をつければ良いのかといったことが自身では明確に分からない場合が多いです。

しかし、就活塾を利用すれば、具体的なアドバイスをもらうことができ、はっきりとした指針を持ってESを作成したり、修正したりすることが可能になります。

第三者と共に正しく効果的な対策を練ることは、早期内定を目指す賢い就活のやり方の1つです。自分が落ちた理由が分からない人、ESで落ちてしまう人にとって、就活塾は特におすすめです。

1人で就活を進めている

1人で就活を進めてきた人にも、就活塾はおすすめです。就活塾では手厚いバックアップと客観的なアドバイスがもらえるため、1人で就活するよりも効率的に内定を得られます。

また、1人で就活をしている場合は、メンタルが落ち込むこともあるでしょう。不採用通知が重なるなど、心が折れそうになってしまうとき、就活塾は親身に寄り添ってくれます。

就活中は精神面でも支えてくれる心強い存在が必要です。「相談できる相手が誰もいない」という人には、手厚いサポートが受けられる就活塾の利用をおすすめします。

内定の可能性を少しでも上げたい人

就活において、内定を早期に1つでも持っていることは、その後の就活を進める上でも大きい影響があるといえるでしょう。

内定を持っている安心感は自信に繋がり、その他の企業の選考を進める上でも、ポジティブな要素となります。また、内定獲得が遅くなれば遅くなるほど、周囲の内定の話などを聞いて不安や焦りが大きくなるものです。

人気の高い企業に安心して挑戦する場合や、周囲より早く就活を終えたい場合など、内定獲得の可能性を少しでも上げたい人に、就活塾はおすすめです。また、自身のスキルや学歴から難しいと考えられる企業を志望する場合にも、内定の可能性を少しでも上げるために、就活塾を利用することは1つの選択肢です。

内定の可能性を上げるには、冷静な状況分析や状況把握、事前準備が欠かせません。早期に内定を獲得したい、また、人気企業の内定を獲得したいと考える人に、就活塾はおすすめです。

面接やグループディスカッションが苦手

就活において、面接やグループディスカッションは選考を進める上で避けて通れないものです。

しかし、人前で話すことが苦手な性格であったり、話をうまくまとめることが不得手であったりする場合、就活で苦労してしまう可能性が高いといえるでしょう。面接やグループディスカッションが苦手であっても、事前に話すことを決めるなどの対策を行い、練習を重ねることで十分就活で内定を得ることは可能です。

就活塾では、苦手分野についての相談から、実際の面接やグループディスカッションに向けての対策や練習が行えるため、克服の機会が多くあります。また、自分以外の就活生や就活塾のスタッフ、講師と接することで、自身のスキルについて客観的に見つめ直し、必要以上に不安に思うことが少なくなる可能性があります。

面接やグループディスカッションが苦手な場合でも、内定獲得の可能性を上げるために就活塾の活用はおすすめです。

就活塾がおすすめでない人

反対に、就活塾がおすすめでない人もいるため、おすすめでない場合の就活生の特徴についても紹介します。就活塾はとても便利なサービスであり、就活を進める上で心強い味方となってくれる場所です。

しかし万能ではなく、利用する人によっては使いこなせない、または不必要だと感じる場合があります。

就活塾に入ったのに無駄だったと後悔することのないよう、合わない可能性がある人は慎重に検討するようにしましょう。

就活塾に入っただけで満足する人

就活塾がおすすめでない人の特徴の1つとして、就活塾に入っただけで満足してしまう人が挙げられます。

就活塾は就活を有利に進めるためのサービスを多く提供してくれる場所ですが、利用しなければ、当然そのサービスによって得られるはずのメリットや効果を感じることはありません。

知識をつけるためには講座の受講が必要であり、面接やグループディスカッションの経験や慣れを獲得するためには練習の現場に能動的に参加することが必要です。講座を受講しない、面接などの練習の場を有効に利用しない、そして就活塾という場を活かした人脈作りや仲間作りをしない場合は、就活塾にただお金を払うだけとなってしまいます。

そのほかにも、アドバイザーや講師に相談しない、助言を聞かないなど、就活塾側とコミュニケーションを取らない場合も、就活塾のサービスを最大限利用することは難しく、就活塾は向かないといえるでしょう。

自主的に就活を進められる人

就活塾が向かない人のもう1つの特徴として、自主的に就活を進められる人が挙げられます。既に頼れるOBやOGがいたり、自身の持つ人脈をフル活用できたりなど、就活を自分で進めることができる人にとっては、就活塾は必要ないかもしれません。

就活塾で学ぶことのできるスキルを就活塾に通わずとも、既に備えている人は、数は少なくとも世の中にはいます。

就活塾で提供されるサービスで得られるものについて、既に知識を得ている場合や自身のスキルについて自信がある場合は、就活塾に対して「意味ない」「いらない」と感じる可能性があります。

就活に対して、自信を持って、自身で進めていける人には、就活塾はおすすめでないといえます。

 

就活塾を比較するときに確認すべきこと

就活塾は、就活生が理想の企業から内定をもらえるよう、そして社会人として活躍できるようサポートしてくれます。

ただし、理想の企業が人それぞれ異なるのと同じように、理想の就活塾も人によって大きく異なるものです。

自分が就活塾でどのようなサポートを受けたいのか、また、どの分野を重点的にサポートしてもらいたいのかについて、事前に考えておきましょう。

その上で複数の就活塾を比較し、自分のニーズをしっかり満たしてくれる就活塾を見つけてみてください。

就活塾選びの際に、必ず押さえて欲しいポイントを以下に3つまとめました。

個別に相談ができるか

まず就活塾が、個別相談に対応しているか、確認しましょう。

大人数での講義やセミナーの開催だけでなく、しっかりマンツーマンで相談に乗ってくれる塾を選んでみてください。

就活生はアドバイザーに悩みを相談し、解消していく必要があります。そして、就活生の悩みも「なかなか内定をもらえない」「メンタルが落ち込んでいる」「不採用の理由がわからない」など、さまざまです。

個別相談ではそれぞれの就活生の悩みに、アドバイザーがじっくり寄り添って、解決の糸口を探ってくれます。アドバイザーと個別に話し、悩みを解消し、次のステップへの対策を練る時間は最も重要です。

初回の無料カウンセリングや説明会を利用しながら、個別相談ができるかどうかを確認してみてください。

自分が希望している講義内容か

自分が希望している講義内容があるか、確認しましょう。

グループディスカッションの対策をしたいのに、個別面接の対策しか行っていない就活塾では意味がありません。レッスン形態が個別かグループか、レッスン内容は講義形式か実践形式かなど、事前に把握しておきましょう。

最近はオンライン就活に力を入れている企業も多く、就活塾側もオンライン対応に積極的なところが増えています。

オンライン就活に対応できているかという点もチェックしておくと、就活塾選びの失敗の可能性を減らせることでしょう。

自分のニーズを満たすところはどこかをよく調べて、就活塾を選んでみてください。

料金は適正か

就活塾の料金が適正かどうか、確認しましょう。

長期コースに通う場合は、概ね20~30万円ほど用意しておけば、入塾に必要な費用はカバーできます。この価格帯であれば、回数無制限の面接対策やES添削など、充実したサービスを受けられる場合がほとんどです。

ただし、無制限と謳っていても、実際には予約が取りにくく予想よりも練習回数が少なくなってしまうケースもあるため、入塾前に確認してみるとよいでしょう。

まとめ:就活塾は意味ない?事実を確認して悔いない就活を

「就活塾は意味ない」という情報は、根拠のない嘘だと思ったほうが賢明です。豊富なキャリア支援の蓄積で成り立つ就活塾のサポートによって、明るい人生に導かれた就活生は数限りなく存在します。

よく調べず、先入観や偏見だけで判断せずに、後悔しないためにも、正確な情報を多く集めるようにしましょう。

就活塾はキャリア形成と企業選び、内定獲得から内定後の活躍までしっかりサポートしてくれる、お得なサービスです。就活生がかけたお金と時間を無駄にしないよう、就活生が期待する以上のサービスを提供してくれます。

ぜひ情報収集と共に個別相談やセミナーなどを積極的に活用し、理想の将来へ向けてスタートを切ってください。

この記事の著者

アバター

就活塾NAVI編集部

就活塾NAVI編集部です。キャリアアドバイスやHOTな就活ネタをお届けできるよう、日夜情報収集に努めています。就活塾比較や選び方などは是非当サイトを参考にしてください。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る