留学で就活は間に合わない?両立して成功する方法を解説

留学すると就活は間に合わないの?

留学すると就活に間に合わないのではないかと懸念を持つ学生は少なくありません。日本の新卒採用スケジュールと留学期間の兼ね合いで、このような疑問が生まれるのは自然なことです。しかし、最近のオンライン面接の普及や留学生向けの採用イベントの増加により、留学生でも国内の企業としっかりと繋がることが可能になりつつあります。この記事では、留学と就活を同時に進めるための具体的な方法やアドバイスを提供しています。留学経験を最大限に活かし、成功へと導くための方法を是非ご覧ください。

留学で就活に間に合わない人は多いのか?実際のところは?

留学と就活のタイミングについて、多くの学生が頭を悩ませているのは事実です。

日本における新卒採用は、一定期間の中で多くの企業が採用スケジュールを組んで動くため、その間に留学していると国内の就活の主要なフェーズを逃してしまうリスクがあります。せっかく留学で得た語学力や海外経験を、志望する企業で活かしたいと思っても、帰国後に募集終了となってしまっている場合もあり得ます。

しかし、近年はオンライン面接や留学生専用の採用イベントも増えています。これにより、海外にいながらにして、国内の企業との接触機会を持つことが可能となってきました。ただし、留学中も就活の動向をしっかりとキャッチアップし、対策を練っていくことが成功の鍵となります。

一般的な就活のスケジュールは?

まず一般的な就活スケジュールについて理解しておきましょう。
多くの就活生は3年生の春から夏にかけて、自己分析や業界・企業のリサーチを基盤として就職活動を開始します。夏には、サマーインターンシップに参加する学生が増え、これは企業の仕事内容や雰囲気を直接体験する貴重な機会となります。

10月頃には、筆記試験や面接の準備が本格化し、一方で秋や冬には秋期インターンシップに参加する学生も見られます。特に外資系や大手スタートアップのような早期選考を重視する業界では、3年生の冬には早くも内定の通知が始まることがあります。

3年生の終わりから4年生の初めにかけては、冬期インターンシップや会社見学、業界研究セミナーなどの活動が増え、3月には正式に就活が解禁となります。この時期、経団連加盟の大企業の広報活動が解禁され、多くの企業が説明会や選考を開始します。

4年生の4月からは、エントリーシートの提出が始まり、これは選考の第一関門となる重要な書類となります。4月後半から6月にかけては、面接やWebテストなどの採用選考が本格的に行われ、6月から10月にかけては、内々定や正式な内定が出される時期となります。

この流れが一般的な就活のスケジュールとなっていますが、企業や状況によっては独自のスケジュールで採用選考を行うこともあります。

 

留学前 就活の準備方法

これから就活を迎える学生が留学を考えた場合、それなりに準備が必要です。

まず留学の期間や目的を明確にした上で、それに基づいて就活のタイムラインを策定することが第一のステップとなります。例えば、1年間の留学を予定している場合、帰国後の就活活動の開始時期や、留学中のオンライン面接の可能性などを考慮する必要があります。

また留学前の段階で、ある程度就活についての情報収集は行っておきましょう。特に、留学先の国や地域によっては、日本の就活情報へのアクセスが限られる場合があるため、最新の採用トレンドや企業の動向をしっかりと把握しておくことが大切です。

また、留学を通じて獲得するであろうスキルや経験、例えば異文化コミュニケーション能力や語学力などを、就活のアピールポイントとしてどのように活用するかの計画も事前に行っておくと、あとで効果を発揮します。留学の時期や期間によっては、他の就活生に大きく遅れをとる可能性もあります。そのため、留学の目的や経験を履歴書やエントリーシートにどのように盛り込むかは非常に重要なので、留意しておきましょう

 

留学と就活 かぶる時の対策

一部には特定の企業に早期内定を獲得し、その後に留学を計画する学生もいます。留学経験を評価する企業の中には、留学前の内定者に対して留学期間中のフォローを実施する企業も存在します。

ただし、多くは帰国後か、留学中のオンラインで企業と接するケースが多いことでしょう。留学と就活の両立の鍵は、計画的な準備と情報収集です。留学や就活を始める前に、留学先、帰国時期、志望業界や企業を明確にして、全体のビジョンを持つことが大切です。

そして留学先でもオンラインで情報収集と対策を続けましょう。SNSなどでの情報交換や交流も、リアルタイムに日本の就活状況を把握するのに有効です

またオンラインで参加ができる企業説明会や就活イベントに積極的に参加することをお勧めします。そのため、就活で必要な持ち物を日本から持っていくことを忘れないでください。留学中にオンライン選考や面接を受けるために、スーツやネクタイなどの服装や、履歴書や職務経歴書などの書類も用意しておきましょう。また、インターネット環境やカメラ・マイクなどの機器も確認しておきましょう。留学先ではこれらが揃いにくい場合もあります。

他方、留学先で参加できるインターンやジョブフェスタ、海外での留学生向けのイベントなどへの参加も検討してみるとよいでしょう。現地での就職も視野に入れることも一つの選択肢です。

いずれにせよ留学と就活の両立には、それには計画性や効率性が求められます。帰国時期にもよりますが、帰国後はたいがい慌ただしくなります

留学中でも可能な限りのアクションを始めておけば、他就活生との差は最低限で済ますことが可能です。

 

留学で就活が間に合わないは嘘!両立方法は?

留学経験の就活への良い影響

留学経験は、語学力や異文化理解力、コミュニケーション能力などのグローバル人材として必要なスキルを身に付けることができます。これらのスキルは、海外でのビジネスや多様な人々との協働に役立ちます。
留学経験は、自分の意思で留学を決めたことや、留学中に困難や失敗を乗り越えたことなどを通して、チャレンジ精神や自己成長をアピールすることができます。これらの姿勢は、企業に対して積極的に仕事に取り組むことができるという印象を与えます。
また留学経験は、自己PRや面接などの就活過程でエピソードとして活用することができます。留学で得た気付きや成果、今後の目標や活かし方などを具体的に伝えることで、自分の個性や強みをアピールすることができます。

留学経験の就活への悪い影響

ただし留学経験だけでは就活に有利になるとは限りません。留学での経験や語学力を効果的にアピールできなければ、他の就活生との差別化ができません。また、明確に留学の目的やビジョンを答えられない場合、企業側からはむしろネガティブに見られる場合もあります。競争率の高い就活市場や、自身のキャリアパスへの不確実性から、「逃げ」のようにイメージされてしまうわけです。

ほかにも、就活の情報収集や対策が不十分だった場合、他の就活生に大きく遅れをとるなどもデメリットです。

 

留学経験をアピールする方法

留学経験は、就活において大きなアドバンテージとなる要素の一つです。しかし、その経験をどのようにアピールするかが鍵となります。以下は、留学経験を効果的にアピールするためのポイントです。

  1. 具体的なエピソードの紹介:
    留学中に直面した課題や困難、そしてそれをどのように乗り越えたかのエピソードを具体的に紹介することで、あなたの問題解決能力や柔軟性をアピールすることができます。

  2. 語学力の証明:
    留学の経験と並行して、TOEICやTOEFLなどの公的な語学試験の成績を提出することで、実際の語学スキルを具体的に示すことが可能です。

  3. 異文化間コミュニケーションのスキル:
    留学中に様々な国籍の人々との交流を持ったエピソードを紹介することで、異文化間コミュニケーションの能力を強調することができます。

  4. 実績や成果の紹介:
    留学中にインターンやゼミなどに参加し、何らかの成果を上げた場合、それを具体的に紹介することで、自分の専門性や実践力をアピールすることができます。

  5. 自己分析の深化:
    留学を通じて自分自身がどのように成長したか、どのような価値観や考え方が変わったかを反省し、それをアピール材料として活用することも効果的です。

これらの要点を熟慮し、留学経験を独自の強みとして鮮明に伝えることは、就職活動における成功を大きく左右する鍵となります。この経験を最大限に活用し、他の就活生との差別化を図ることで、希望する職への道が大きく開かれるでしょう。

 

留学と就活 両立の成功法則

留学と就活の両立、成功の鍵は、戦略的なアプローチと柔軟性にあります。

仮にまだ留学を検討している段階であれば、留学の期間、目的、そして希望するキャリアパスを明確に自分の中で定義しておきましょう。

就活のスケジュールを早めに理解し、必要なアクションをリストアップすることからスタートです。いつ何をどうするか、具体的に整理しておきましょう。そうすることで、留学と並行してやるべき就活対策が見えてきます。

次に、留学中に獲得できるであろうスキルや経験を、就活の際のアピールポイントとしてどのように活用するかを事前に考えておきましょう。そうすることで、充実した留学生活を送りつつ、魅力ある自己PRが完成します。

そして実際の留学先では、とにかく日本の就活の動向を継続的に追跡してください。特に、オンラインを活用しての情報収集やネットワーキングが不可欠です。就活が始まると、情報収集の大切さは身に染みて感じることになるでしょう。距離的な不利がある分、ここは意識してアンテナを高くしてください。

最後に、柔軟性を持ちつつ計画を見直し、適応することが必要です。留学や就活の状況は予測しづらいため、変わる状況に迅速に対応することも大切です。その迅速に対応できるかどうかが大きな成功のポイントになることを覚えておきましょう。

 

忙しい留学中、万全の就活対策をするには?

留学中に忙しいかどうかは、個人の目標や計画、留学先の環境などによって異なりますが、一般的に留学生は忙しいと考えておきましょう。

まず授業や課題、テストなどをこなすために勉強する時間が当然必要で、ましてや留学先の言語を学びながら予習や復習、実践などを行うことはそれなりに時間を要します。日常生活でも会話は必要になるので、常に言語力を磨く努力が求められます。また留学先のカリキュラムやレベルによっては、日本での学業よりも負担が大きい場合もあります。

また留学中には、現地の人や他国から来た留学生と交流する機会があります。友達を作ったり、文化や価値観を学んだりするために、積極的にコミュニケーションを取る時間は、とても貴重なものです。そのほか、留学中には現地の観光名所やグルメなどを楽しみたいでしょう。留学先でしかできないことを体験するためには、週末や休日なども大切な時間となります。

その一方で、就職活動にも大きく時間を割くとなると、せっかくの留学期間が充実したものでなくなる可能性も出てきます。限られた時間を有効活用するには、できる限り就活対策や情報収集に充てる時間を効率化することが必要です

そこで、留学で直面する就活の課題を克服するために、オンラインの就活塾の活用が注目されています。近年採用のオンライン化が進んでいるのと同様に、就活生を支援する就活塾でもオンライン対応のサービスが増えています。

以下は、オンライン就活塾を利用する際の具体的なメリットとその理由です。

  1. 専門的なサポート
    多くのオンライン就活塾は、留学生に合わせたカリキュラムやアドバイスを行っており、留学経験を最大限に活かす就活戦略の構築をサポートしています。

  2. 柔軟なスケジュール
    留学中や帰国後の忙しいスケジュールに合わせて、オンラインでのサポートやセミナーを受講することができます。

  3. 最新の就活情報の提供
    留学中に日本の就活情報が途絶えがちですが、オンライン就活塾を利用することで、最新の就活情報や採用トレンドをキャッチアップすることができます。

  4. 留学経験の効果的なアピール方法
    留学経験をどのようにアピールすれば良いか、具体的な方法やエピソードの構築方法を学ぶことができます。

  5. Web面接の不安解消
    オンライン選考を導入している企業が増加している現在、オンライン授業を受けることでWeb面接の練習が日常的に行え、本番の不安を解消することができます。

日本においては、多くの企業の新卒採用スケジュールは一定期間で動くため、どんなに優秀な人であっても企業のスケジュールに合わせてアクションが取れないと採用には至りません。

留学生1人1人、置かれた状況は様々でしょう。また希望する業界や企業、それぞれが持つバックボーンや個性、能力といったことも当然異なります。それを就活のプロが1人1人理解して、マンツーマンで希望が叶うようサポートしてくれます。オンライン対応の就活塾を活用することで、留学経験者としての強みを最大限に発揮し、就職活動の成功への道を確実に進むことが可能になります

これから留学する方や、現在留学中で就活に不安を感じている方は、ぜひ就活塾各社のサービスをチェックしてみてください。こちらの記事ではおすすめの就活塾を比較紹介しています。留学が最高の経験となり、就活で大きな成功に繋がるよう祈っています。

就活塾を比較して探す方法は?おすすめの就活塾10選も紹介

この記事の著者

斎藤優

斎藤優

早大商学部卒業後、某大手人材会社にて新卒採用支援業務に従事。インターン企画運営、採用企画立案から媒体運用、説明会企画・運営、面接、内定者研修まで一貫して担当。個のキャリアアップを支援したいと思いから、国家資格キャリアコンサルタント取得し、より就活生に寄り添ったサポートを行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る