インターネット社会になり、スマホやタブレットなどたくさんのデバイスでさまざまなことができるようになってきました。
そんな中で就活もまた、その波に乗りつつあります。

企業がSNSを利用したり、就活アプリが登場したりといろいろありますが、今注目されているのがなんとskypeによる面接。
技術の進歩が進み、面接も直接ではなくスカイプでおこなう企業が増えてきているのです!
skype面接とはいったいどんなふうにおこなわれているのでしょうか?
スカイプ面接の概要や注意点を紹介します。

スポンサーリンク

今注目されているスカイプ面接っていったいどんなもの?


スカイプを利用したことがない人にとっては
「スカイプっていったい何!?」
「どうやって面接してるの!?」
などと、気になることがたくさんありますよね。
スカイプとは、いわゆるIP電話と呼ばれるサービスの一種で、インターネットの回線を使っておこなう電話やテレビ電話のことです。
この機能を利用し、採用担当者と学生がパソコンやタブレットのなかで対面して面接するというわけですね。
この方法であれば、わざわざ学生を会社に呼ぶ必要もなく、効率よく面接をおこなうことが可能になります。
特に地方に住んでいる学生や留学生とやりとりをするときには便利であるため、企業も注目しているのですね。

面接内容自体は一般的な就活の面接と変わりません。
基本的に1対1でおこない、直接会って面接する場合と同じ質問をされることでしょう。
しかしながら、インターネット上や画面上という特性ならではの注意点や、準備しておかなければならない持ち物があることを、忘れてはいけません。
ではまず、何を準備しておくべきかを見ていきましょう。

就活のスカイプ面接をおこなう場合、何を準備しておくべき?


skype面接では、通常の面接とはまた違った準備や心構えが必要になります。
まずはスカイプ面接に欠かせない事前準備からチェックしていきましょう。
これはスカイプ面接が決まったら、あるいはあるかもしれないという場合には先に用意しておくとスムーズです。

スポンサーリンク


①パソコン・インターネットの用意

まず何より欠かせないのが、パソコンを準備し、インターネット回線をつなげることです。
持っている方も多いかもしれませんし、なくてもスマートフォンがあれば使えますが、もし持っていない場合は先に用意しておきましょう。
もし購入できない場合は、学校で利用するという手段もありますから、大学に相談してみるとよいでしょう。
ちなみにスカイプはスマホでも使えますが、できればタブレットやパソコンを用意することをおすすめします。
スマホでは本気度が伝わりにくいですし、画面を安定して固定できないところにもデメリットがあります。

②Skypeのダウンロード、IDの取得

次に、スカイプに繋げられるように設定しておきます。
スカイプをデスクトップにダウンロードしましょう。

Skype for Windows
Skype for Mac
Skype for Android
Skype for iPhone

ダウンロードしたら、次にIDを取得します。
skypeIDはスカイプを使うときに欠かせないアカウントですので、最初に作っておきましょう。
skype面接が決まったら、企業に先にIDを伝えておくとスムーズです。

③カメラ、マイクを用意する

パソコンに接続できるカメラと、マイクを用意しておきましょう。
近年のパソコンはマイク機能やカメラ機能がついていることもありますが、カメラは外付けのほうが画質がよいのでおすすめです。
また、音声にも不安が残るのであれば、取り付け型のマイクやヘッドセットを用意しておくのもよいでしょう。
音声や画質については、面接前に必ず確認しておくことをおすすめします。
試しに友人や家族とスカイプをしてみておくと安心です。

④普通の面接と同じ、就活生らしい格好を用意する

いくら直接会わないとはいえ、列記とした就活面接であることに変わりはありません。
また、画面上で面接する以上、意欲や気持ちも伝わりづらいことがあります。
だからこそ身だしなみをきちんと整え、いつものようにスーツで挑みましょう。

⑤場所を整える

直接会っておこなう面接のように、企業がきちんと面接する場所を設けてくれるわけではありません。
落ち着いていて明るい場所を選び、携帯はマナーモードにするなどの設定が必要です。
画面に映るまわりの部屋もキレイに片づけておくとよいでしょう。
また、周囲に面接をすると伝えておくなど、あらかじめ声をかけられないような環境を作っておきましょう。

スカイプ面接直前!始める前にやっておきたいこととは?


いざ面接を始めるときにもいろいろ注意点があります。

①カメラと音声、自分がどう映るかを最終確認しておこう

事前準備である程度場所や身なりを整えているとは思いますが、
面接前に今一度、カメラの映り具合や音声等を確かめておくと安心です。

②表示名はフルネーム、アイコンも落ち着いたものにしておこう

スカイプをもともと使っている人にありがちなのが、ニックネームで登録していたり、派手なアイコンを使ったりと、プライベートを前面に出してしまっていること。
もちろん普段はよいのですが、面接前や企業と連絡を取る際は、
前もって表示名をフルネームに、アイコンを当たり障りのないものに変更しておきましょう。

③時間前に「今日はよろしくお願いします」と連絡しておくとスムーズ

スカイプはテレビ電話の機能だけでなく、チャットなどでメッセージを送ることもできます。
できれば時間前に企業に対して「今日はよろしくお願いします」などといったメッセージを事前に送っておくと、印象がよく、時間の確認にもなるのでおすすめです。

④心配な場合はメモを置いておいてもOK!

たとえば企業に提出したエントリーシートや履歴書、あるいは面接中に聞いておきたかったことなどを手元に揃えておくことができるのは、スカイプ面接ならではのメリットです。
もちろん、あきらかに書類を見ながら面接をおこなうことは悪い印象にもなりかねないのでNGですが、手元に資料があるだけで安心する人も多いでしょうし、見えないところに置いておいてもよいでしょう。

⑤筆記用具とメモ帳、スケジュール帳があると安心

たとえば企業から何かしらの連絡事項があった場合や、次の面接の調整なども考えられます。
スマートに対応できるように、筆記用具、メモ帳、スケジュール帳を用意しておきましょう。

スポンサーリンク


面接中にも注意点が!skype面接ならではのポイントを知っておこう


いざ面接が始まると、面接の内容に集中してしまいがちですよね。
それはよいことなのですが、スカイプ面接だからこそ気にしておきたいことがいくつかあります。
以下の3点をチェックしておきましょう。

①画面を見ずにカメラを見るように心がけよう

画面に相手が映るため、相手のほうを見てしまいがちですが、あなたの目線はカメラに向けなければ、相手にとっては下を向いている印象になってしまいます。
できれば画面ではなく、カメラを見るように心がけてみてください。

②音声が遠かったり、画像が乱れたりしたら、正直に伝えてみよう

インターネットの回線を使うという特性上、どうしても音声が乱れたり、画像が乱れたりすることがあります。
そんなときは、遠慮せず、きちんと伝えましょう。
音声の乱れによって声を聞き取れなかったり、画面が見えずに相手の表情が読み取れなかったりするようでは、意見を取り違えたり、意思疎通がうまくいかない可能性もあります。

③きちんと相槌を打って話を聞こう

画面上でやり取りをする場合、思った以上に表情や声のトーンがわかりづらいことがあります。
そこで、きちんと相手に伝わるように、相槌を打ったり返事をしたりということをいつもより念入りに心がけましょう。

④トラブルがあっても冷静に対応しよう

インターネット回線を使っているという特性上、スカイプが途中で切れてしまうこともなくはありません。
そんなときにも、パニックにならずに冷静に対応することを心がけましょう。
ネットワークが切れたら再接続してみる、再接続できない場合はメールなどを送り、その旨を冷静に伝えるなどの対処をしてみてください。

重要なのは、
あなたがきちんとトラブルに対応できるかということ。

スムーズに対応できれば、企業の印象は悪くないどころか、「しっかりしている」というよい印象を与えられるはず!

まとめ:きちんと準備すれば、スカイプ面接も怖くない!

スカイプ面接の注目度が高まっているとはいえ、まだまだほとんどの企業が取り入れているとはいえない状況。
いざ「では最初はskype面接で」なんて言われても、「やったことない……」と不安に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、
きちんと準備をし、注意点を踏まえておけば安心です!

いつスカイプ面接をおこなうことになっても堂々とできるよう、頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク