就職活動は長期間にわたるので、時によって精神的につらくなることがあります。慣れない社会人との面接や、周りの就活生との比較、そしてストレスでつらくなってしまうケースが散見されます。鬱になり、最悪の場合「就活自殺」と呼ばれる就活での失敗を苦にして自殺してしまうケースに発展してしまうこともあります。今回はそんな就活でつらくなったときにどうすればよいのか、息抜きの仕方やストレス発散方法を解説します。「就活、辛い。」と思っているあなたは必見です。

スポンサーリンク

そもそも、就活はつらいのか?なぜつらい?

そもそも、就活はつらいのかどうかについて解説し、なぜつらいのか原因を紹介していきます。

就活生の大多数は「就活はつらい」と感じている

まず、就活生全体で見た時にどれくらいの就活生が就活をつらいと感じているかアンケート結果を紹介します。どうやら、大多数の就活生が「就活はつらい」と見なしているようです。

【アンケート結果】就活に対してストレスを感じているか?

引用元:【調査報告】就活に対してストレスを感じていますか?(就職活動ミニアンケート)(Jobwebホームページより)

なぜ就活はつらいのか?

続いて、なぜ「つらい」と思うのか分析してみると、内定を取れないこと等から出てくる精神的な不安と就活準備や移動に伴う肉体的疲労に分類できます。それぞれ事例を見てみましょう。

【精神的な不安の原因】
・中々内定が取れなくて焦る。
・周りが内定取れているのに自分だけ取れてなくて、自分はダメなのではないかと思い込む。
・圧迫面接で気が滅入る。
・面接結果が中々出てこない。
・度重なる不採用通知で自分は社会から求められていないのではないかと思う。
【肉体的な疲労の原因】
・慣れないスーツを着ての移動。
・グループディスカッションやケーススタディでの知恵熱
・締切に間に合わせるためのエントリーシート対応(手書き・web両方)

就活で辛いときの対処法!

就活でつらいのは精神的な不安と肉体的な疲労が原因と紹介しましたが、ではどうやって対策をすればよいのでしょうか?いくつか就活でつらいときに乗りきるための秘訣を紹介します。

適度に息抜きをして就活のストレスをためない

どんなに就活をしているからといって、時間の全てを就活に費やしてしまっては息が詰まってしまいます。そうならないためにも適度に息抜きの時間を確保するとともに、今まで通りサークルやゼミ活動、アルバイトに顔を出すべきでしょう。普段通りの生活をしていくことによって気が楽になりますし、友人や同期との語らいの中でリラックスできるでしょう。また、飲み会等でガス抜きもできますし、同じ悩みを抱えている人同士での愚痴や共有でリフレッシュもできます。生活リズムも同様でイレギュラーな生活リズムを取りすぎていると睡眠不足になり、ストレスがたまりやすくなってしまうので、注意が必要でしょう。

就活に対して悲観的にならずに、リラックスして臨む

就活の失敗=人生の失敗と考えている人もいるようですが、肩の力を抜いて活動すべきでしょう。最初から肩に力を入れ過ぎてしまっては、いざというときに息切れしてしまいます。先輩たちのブログなどを参照して力を入れ過ぎて、視野が狭くなってしまっては元も子もありません。ある種の楽観的な考え方も必要になるでしょう。

【参考】読んでいて気が楽になる就活生向けキャリアブログ
「ずんずんのずんずん行こう!改! 日々のこころのあれこれじゃよ」
このブログはブラック企業のOLから外資系金融機関に転身を果たした筆者「ずんずん」が自分の求めるキャリアを築くにはどうすればよいか、自分を責めすぎないで生きていくにはどうしたらよいのか等、緩い筆致ながらも的確にアドバイスしているブログとなっています。

就活を自分を成長できる場として捉えてみる!

そして、就活の場をネガティブに捉えるのではなく、自分が成長できる経験を提供してくれる場と捉えるべきでしょう。面接官に否定されたから嫌だ、あの面接官は私の話が分からない、もっと私のことを理解してくれる企業があるはずだ、と自分を追い詰めていくようなネガティブな捉え方をするのではなく、どうやって自分を改善して見せ方を良くしていこうといったプラス思考での考え方の方が精神衛生もよくなっていくでしょう。

就活で自分を追いつめてしまわないために

ここまで、就活のつらいときの原因分析と対策について紹介していきましたが、イメージはできましたでしょうか?就活のつらさは精神的な不安と肉体的な疲労の2つに分かれていますが、規則正しい生活といつも通りのリズムを崩さずに息抜きをすれば自分を追い詰めないで済みます。一番やってはいけないのは自分はダメな人間だとどんどん追い詰めていってしまうことであり、自分で自分を苦しめてしまうことです。本コラムを参考に適度に息抜きをしながら就活に取り組んでもらえれば幸いです。

スポンサーリンク